10年1月8日
自然や神社仏閣。時間と共にある形や原風景の中に、心や体を癒す何かがある。共に生きた人の歴史がある。(10年1月8日)

10年2月24日
村から都市へ。そして、また村へと、個のない便利さから、もう一度ヒトへと回帰する。(10年2月24日)

10年4月1日
春。時のうつろいと色彩の多様さ。明日への広がりを無限に感じる。幸せであることの大切さ。(10年4月1日)

10年5月8日
ワラビ、筍、ツツジ、そして新緑。すべてのものが縁取りもクッキリと。明日へ。(10年5月8日)

10年7月13日
まだ開けぬ梅雨。選挙の夏。懐かしき友と語り、照らす未来。(10年7月13日)

アルバム
澄みわたった青い都会の空。地表では人と人との空気を振動させた心の触れ合い。(10年8月3日)

10年8月30日
人の歴史と自然の循環の中に、父や母や祖父や祖母や、そのずっと前からの共に歩んだ時間がある。共生の時間がある。(10年8月30日)

10年10月27日
自然の持つ視覚的な単純さの中にある緻密さと、人工物の視覚的な猥雑さの中の稚拙さ。人類はまだまだ自然に学ぶことは多いはずですが。(10年10月27日)

10年12月1日
たわわに実る柿。生垣の上に積もる落葉。そして我が季節を自己主張するイチョウの黄葉。(10年12月1日)

10年12月28日
師走も押し迫り、年も移ろうとするのに、たわわな柿。人との営みの中で21世紀も10年が過ぎようとしています。(10年12月28日)

11年1月5日
元旦の雪。門松。縁起物の熊手。桜の枝には新芽が萌える。人と自然の継続的な調和が、今年も続きます。(11年1月5日)

11年2月7日
一条の光も、結句ひとが選ぶもの。そこにどんとある存在感は、信頼もでき、またいつ裏切るとも知れず。(11年2月7日)

11年3月3日
桃の節句。春近しと一番の風。芽生える緑。(11年3月3日)

11年4月5日
アカメや椿など、人が手をかけた自然が人の目を楽しませる。自然との共生を、この春ほど強く感じた年はありません。(11年4月5日)

11年5月6日
台地を分けて伸びる筍。地にコミュニケーションの手をつないで。生まれ来る子どもたちのために、千年の時をも超えて。(11年5月6日)

11年7月4日
節電の夏。涼を求めて散歩へ行く。自分の足でさえ歩けば、あちらこちらに風はそよいでいます。生きることの再考察を。(11年7月4日)

11年8月19日
蝉の羽化というものを、はじめて見ました。生命の継続は、人類の工夫や信仰の中から、再考を必要とするでしょう。(11年8月19日)

11年10月11日
チリチリと、なぜかチリチリと、細部が気になる季節です。秋も深まってきました。(11年10月11日)

11年11月5日
四季かわらぬ虫たちの営みに、ふと秋を感じるトンボの羽、キラリ。(11年11月5日)

11年12月1日
そろそろ冬支度の植物たち。今年もあと1か月と、商戦たくましき秋葉原。(11年12月1日)

11年12月29日
あちらこちらで新年の準備も終わりました。動と静、そして色相のある70億の地球市民。(11年12月29日)

12年3月22日
永き空間ポッカリと。そして新たな出発へ混沌と廃棄と整理……。整理……。時代を整理。(12年3月22日)

12年4月17日
花びらの海に一年を思う。春は花、上へ上へと生物は大きく。真似る人の愚かさよ。(12年4月17日)

12年6月7日
田植えにアジサイ。生きるものの成長。思うは安心と安全。(12年6月7日)

12年7月20日
生と死。今を生きる我々。ずっと昔から、そして、ずっと未来へと気持ちは連なる。(12年7月20日)

12年9月4日
稲穂にバッタ、そして蝉の抜け殻。青い空に浮かぶ白い雲。スイレンは日射しとともに。(12年9月4日)

12年10月9日
蜜蜂、蝶にとんぼ。いのちの繰り返し。生命讃歌のこの地球を子どもたちに残したい。(12年10月9日)

12年11月14日
この季節にもミドリは多い。花も多い。そして虫も。遠き空の向こうに巨大な人工物、飛ぶ。(12年11月14日)

13年1月14日
雪が降る。人口の標榜にこびりつく水の結晶。餅こねる手は遠い西の記憶。(13年1月14日)

13年4月6日
田んぼのあぜ道に土筆坊。馬込川の土手から菜の花の畑。そしてやはり桜の季節。(13年4月6日)

13年5月4日
太陽の光。大地の慈しみ。それらの恵みを受けるための感謝。祭りは暮らしの中での年に一度の意識できるとき。(13年5月4日)

13年6月7日
オケラにてんとう虫、そしてはじめての収穫。やはり大地と太陽の恵みに感謝。ただ我々はいまだに身勝手です。(13年6月7日)

13年7月21日
蝉、ミツバチ、共に生きる大地。自然に感謝。(13年7月21日)

13年10月3日
人の営みと雀たちの生き方。季節を教える曼珠沙華。(13年10月3日)

13年11月6日
この時期芽吹く大根。美しさを求める人の欲求がもたらす種の多様性。その裏と表。(13年11月6日)

14年1月16日
収穫の大地。そして祈り。新年という響きに、新たな誓いを。ときに立ち止まり思い出すこと、忘れないこと。(14年1月15日)

14年2月7日
芽吹き、花咲き、実をつける。南天は「難を転ずる」とも言う。(14年2月7日)

14年3月25日
春、桜咲き、ツクシ・ナズナ天に向かう。ようやくこの地に1年、まだまだ新参者。(14年3月25日)

14年5月9日
筍、椎茸は二人の思い出。春逝く。ある時代の終り、新たな時代がはじまる。(14年5月9日)

14年7月28日
グルグルと回る生物の関係。その中に我々人類もいる。あらためて、自然に感謝。(14年7月28日)

14年9月25日
日の光と大地。生きとし生ける物は愛おしい。(2014年9月25日)

14年12月4日
自然の移ろいとその中にある人の営み。短いようで長い年月。(2014年12月4日)

15年1月31日
この空の向こうにも人はいる。ま・あ・る・い地球。恨まず、憎まず。(2015年1月31日)

15年3月9日
春。次の世代に細胞は作り替えられる。新陳代謝のいま。(2015年3月9日)

15年3月9日
虫も花も、活発に動き成長する季節です。明日が楽しみ。(2015年7月2日)

15年8月15日
空と大地と水と。そして生と死。次の時代に何を?(2015年8月15日)

15年9月7日
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」今年は秋雨前線が居座っています。(2015年9月7日)

15年12月6日
鮮やかな朱。季節は冬。その中に夏の忘れ物。(2015年12月6日)

16年2月12日
抜ける空。仰ぐ。(2016年2月12日)

16年8月20日
大気・虫たち・人が作ったモノ。そして自然。やはり森羅万象。(2016年8月20日)

17年1月8日
天空へ。朱の宇宙は46億年の旅。(2017年1月8日)

17年5月2日
清々しく、空へ。タンポポの種、ふぅわりと。(2017年5月2日)


コスモスは宇宙かな。アップにアップに。今度はロングに。(2017年11月1日)