出版メディアパル刊
定価(2,000円+税)
A5判 128頁


荒瀬光治[著]

編集デザイン入門 改訂2版
――編集者・デザイナーのための視覚表現法
目次
(章題をクリックいただくと中を見ることができます)
1 デザインの前に
デザインの必要性と共同制作の認識
雑誌づくりの基本的な制作システム
作業分担に見る制作の流れ
印刷の種類と特長
印刷文字について
文字組版の基本
書体について
 和文書体(DTPで使われる和文書体)
 欧文書体
可読性
用紙の規格と判型

2 書籍のデザイン
書籍デザインの考え方
書籍の各部の名称とデザイン要素
装幀の打ち合わせ
  台紙の作成
カバーデザイン
 装幀の入稿
書籍の本文デザイン
 書籍のページネーション例
 見出しランクによるデザイン
 本文デザイン例
 組版の基本
 付き物のデザイン(目次・奥付)
●コラム 「デザイン」というもの

3 誌面デザインの基本
誌面の名称と役割
本文の流れとレイアウトの禁則
写真の扱い
視覚イメージ
誌面デザインの考え方

4 誌面デザインの実際
レイアウト用紙
レビュー用紙とラフ・コンテ
文字がメインのデザイン
写真がメインのデザイン
表組・図版のデザイン
データ作成の注意と扱い
新聞のレイアウト
●コラム 本文分量の管理

5 印刷管理
印刷管理とは
文字校正(文字初校・文字再校)
製版校正(青焼き・色校正)
印刷の写真再現
色のイメージ
カラーチャート

●資料
レイアウト指定紙の作成
改正校正記号表
級数指定ガイド
記号・約物の名称と罫線の名称
欧文書体見本
 欧文特殊文字の入力方法
知っていると便利なDTPソフトの初歩
編集・デザイン Q&A