ページ印刷物を制作する。

このホームページは、出版物、企業広報パンフレットなど、ページ印刷物の制作担当者の方のために公開しています。せっかく費用をかけて制作する印刷物。より効果的に利用されるものにしたいものです。ご活用ください。

有限会社あむ
2022.5.6 改訂(1999.5開版)

←左のCONTENTSよりご入場ください。 サーチエンジンから直接このトップページにみえた方(左にCONTENTSが無い方)は、 http://www.amudesu.co.jp/よりお願いいたします。このホームページはリンクはフリーです。 (前タイトル動画はここです)

あむは2013年3月9日に、静岡県浜松市へ事務所を移転しました。
新事務所は
〒434-0042 浜松市浜北区小松3361 
phone+fax : 053-581-9775  です。

須田博行の[今を考えてみよう]
須田今を142
国会議員先生の皆様には歳費、期末手当、政党助成金、立法事務費が入りますよね。それでもまだ足りないんだ。先生になると大変ですね。(2022年5月6日)
アルバム
生物の生き死、諸行無常。何故に殺し合うのか?(2022年4月5日)

あむの仕事
あむの仕事です。 ここをクリック
研究紀要トップ
デザイン・レイアウトが
必要な紀要などの制作
「研究紀要」や「学会誌」も写真やグラフやチャートが入るなど、視覚的な表現も豊かになっています。表紙のデザイン、図版の作成やレイアウトなど、視覚表現と印刷データ作成のお手伝いをいたします。見本頁

読みやすさを考える

「読みやすさ」 とは何か? 縦組か横組か、理想の字詰めは? 2つの可読性(リーダビリティとレジビリティ)。可読性に関して、過去の実験データも交えながら、さまざまな方向から考えます。


編集者アミ ←雑誌づくりの大まかなシステムを紹介しています。 →編集者・デザイナーの初心者対象に編集デザインの入門書を書かせていただきました。書籍・雑誌制作に関わる編集プロダクションや出版社の方に、新人教育用にご利用いただければと思います。
(右の「立ち読み」をクリックいただければ中を紹介しています)

【荒瀬光治のひとこと】
ロシアによるウクライナ侵攻。これはどう見ても侵略ですよ。ひとりの狂った老人の被害妄想と偏った歴史観のために、悲惨な状況が続いています。この為政者の支持率が80%を超えているのも、どこか現実の地球の話とも思えません。●自国の核保有を盾に他国を脅すロシアの為政者を見て、「日本も核の扱いについて考える時期」などとの発言が増えているようですが、ただただ悲しい。日本は絶対に、これを使っちゃいけないんですよ。たとえ抑止と言えどもです。矛盾は承知の上でです。それが日本人なんですよ、きっと。(2022.4.5)
ひとことバックナンバー

北海道通信    重箱の隅

上田のヨーロッパ通信    黄昏映画館
 
インフォメーション

編集デザイン入門
出版メディアパル 2,000円+税

編集デザイン入門  荒瀬光治[著]
立ち読み


マンガ
出張先は北朝鮮
作品社刊 各1,300円+税
内容
南から1 南から2
呉英進(オ・ヨンジン)[著] 西山秀昭[訳]


イラスト受注
やわらかタッチのイラストで読者のハートをキャッチ。

このホームページに関する、ご意見・ご要望は amu@amudesu.co.jp までemailをお願いいたします。

印刷物の制作・デザインのお見積りは有限会社あむへご用命ください。 ――――→仮見積りのページへ。